スポンサーリンク

アーティスティックスイミングの注目選手は?【東京五輪】美しすぎる~!!

水のしずく スポーツ
スポンサーリンク

 

オリンピックの競技でもあるアーティスティックスイミングってご存じですか?

 

以前は種目名が、『シンクロナイズドスイミング』と呼ばれていましたが、

2018年4月から『アーティスティックスイミング』に名前が変更されました。

今回は、アーティスティックスイミングの東京オリンピックの日本代表選手でもあり、

可愛いくて美しい注目の選手をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アーティスティックスイミングとは?

20×25メートル以上で水深3メートルという大きく足のつかないプールの中で、

音楽に合わせてさまざまな動き・演技を行い、得点を争う競技です。

技の完成度同調性演技構成、さらには芸術性表現力を競います。

オリンピックでは女子のみで実施。

(他の大会では男子もメンバーに入ることもあるようですよ)

アーティスティックスイミングは、

2分20~50秒の曲に、決まった5つの動きを入れるテクニカルルーティンと、

3〜4分の曲の中で自由に演技するフリールーティンが行われます。

 

種目は、

  • デュエット…2人
  • チーム…8人

水にぬれても落ちないメイクをし、

美しい装飾が施された特殊な水着を着て、

水の中で美しく舞う選手たち。

かっこいいですよね!!

陸の上でメンバーと踊りや演技をそろえるだけでも大変なのに、

水の中で動いて演技をビシッとそろえて美しく舞い踊るなんて、すごすぎます!

 

アーティスティックスイミング注目の選手は?

アーティスティックスイミングの注目の選手は、

井村雅代ヘッドコーチが率いる日本代表のチーム代表メンバーです!!

乾友紀子選手吉田萌選手福村寿華選手安永真白選手

塚本真由選手京極おきな選手木島萌香選手柳澤明希選手

 

 

特に私が注目している選手は、アーティスティックスイミングの

ペアで踊るデュエット競技に出場する2人です。

乾 友紀子選手と、吉田 萌選手

すごく可愛くて綺麗なんです!!筋肉も美しい。

インスタでみつけましたのでご紹介します。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

k_higo(@shine_people_japan)がシェアした投稿

(写真左)乾友紀子選手、(写真右)吉田萌選手

 

乾 友紀子選手

【名前】乾 友紀子(いぬい・ゆきこ)

【生年月日】1990年12月4日

【身長】170cm

【体重】54kg

【出身地】滋賀県

【競技歴や特徴】

スラっとした長い足を生かしたしなやかな演技が持ち味の乾選手。

2009年から代表入りしてからは、日本代表のエースで活躍。

チームの主将。

リオ五輪は、デュエットと、チームで、ともに銅メダルを獲得。

愛犬家なので、チーム内の愛称は『ワンちゃん』

後輩選手は敬意をこめて『ワンさん』と呼んでいるんだとか。

 

吉田 萌選手

【名前】吉田 萌(よしだ・めぐむ)

【生年月日】1995年7月2日

【身長】169cm

【体重】53kg
【出身地】愛知県

【競技歴や特徴】

長い手足と、テンポの速い楽曲にも対応できるリズム感の良さが持ち味。

2018年、井村雅代ヘッドコーチから、乾友紀子選手のデュエットのペアに抜擢される。

チーム内の愛称は『メイ』。

あがり症で、試合前には必ず緊張するという。

でも、プールに飛び込むとスイッチが入り緊張を忘れるんだとか。

 

 

表情も豊かですね!!

指の先や足のつま先までしっかり意識を行き渡らせ、演技されています。

激しさのなかに、丁寧さや細やかな同時性が伴っていないと高得点を得ることが難しくなったようです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

小谷実可子(@mikakokotani)がシェアした投稿

 

元シンクロ選手である小谷実可子さんと一緒に。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

スポーツナビ(@sportsnavi)がシェアした投稿

 

2018年のアジア大会では、デュエット銀メダルを獲得。

息もぴったり合った二人は、

東京オリンピックでもきっと素晴らしい演技をみせてくれることでしょう。

 

チームの演技について

アーティスティックスイミングのチームの演技では、

和の要素を取り入れているそうです。

 

技術面がより重視されるテクニカルルーティーンでは、

決まった技や形がある「空手」の演目を採用することに。

日本らしさをしっかり表現できるようにするため、

実際にチームメンバーは道場に行き、道着を身につけ、

空手の形(型)を稽古してもらったそうですよ!

 

フリールーティーンでは、独自性を出すためにも、日本の「祭り」を演目に取り入れているようです。

日本が誇る本場の祭りを肌で実感する為、メンバーは徳島に行って阿波おどりを体験されたんだとか。

現地に足を運んで学ぶ姿勢がすごい!どんな演技となるのか楽しみですね♪

アーティスティックスイミング日本代表のチームメンバーは、

乾友紀子選手吉田萌選手福村寿華選手安永真白選手

塚本真由選手京極おきな選手木島萌香選手柳澤明希選手

そして、井村雅代ヘッドコーチ

 

東京オリンピックでの

アーティスティックスイミングの演技に、

大注目です!!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポーツ
スポンサーリンク
花咲あやこをフォローする
ほっと花咲くブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました