スポンサーリンク

アーティスティックスイミング(シンクロ)コーチは?井村コーチはメイクも熱く指導?!

水のしずく スポーツ
スポンサーリンク

オリンピックの正式競技のひとつであるアーティスティックスイミング(シンクロ)。

そのアーティスティックスイミング日本代表のヘッドコーチを務めるのは、

井村雅代さんです。

では、井村雅代さんとはどんな方なのでしょうか?

また、アーティスティックスイミングでのメイクやヘアセットの秘密も調べてみました。

スポンサーリンク

井村雅代ヘッドコーチのプロフィール・経歴

【名前】井村 雅代(いむら・まさよ)(旧姓:福井)

【生年月日】1950年8月16日

【出身】大阪府

10年間のアーティスティックスイミング(シンクロ)の選手を経て、1974年よりコーチをはじめる。

1978年から日本代表コーチを務め、1985年には井村シンクロナイズドスイミングクラブを設立。

シンクロがオリンピック種目になってから、6大会連続メダル獲得を成し遂げ、多くのオリンピック選手を育てている。

2006年12月、北京五輪に向けて中国の代表ヘッドコーチに就任。

2008年に行われた北京五輪にてチームで中国代表史上初の銅メダルを獲得。

2012年ロンドン五輪では再度中国代表ヘッドコーチとして、チームで銀メダル、デュエットで銅メダルと2つのメダルを獲得しました。

1984年のロス五輪から2012年ロンドン五輪まで、日本・中国のヘッドコーチとして8大会連続でメダルを獲得させています。

世界が認めるアーティスティックススイミングコーチである。

2014年から、再び日本代表のヘッドコーチに復帰し、まずは選手の肉体改造から着手する。

リオデジャネイロオリンピックでは、日本チームはデュエットとチームで銅メダルを獲得。

日本代表の3大会12年ぶりにメダル獲得という快挙に貢献されました。

井村雅代ヘッドコーチの名言

私がグッときた、井村コーチの名言をご紹介します。

自分の可能性をどこまで信じるか。
自分がこれでいいと思ったら、
これ以上向上できない。
そして、自分はこれで限界だと思ったら、
これ以上伸びない。
それで自分は止まってしまう。
自分の限界を決めるのは自分で、
敵は最終的には自分です。

 

悪いところを指摘するということは、克服したらもっと良くなる
ということでしょ。だから、いつも言うのは、
欠点や課題があるのは良いことなんだって。欠点や課題を一つでも克服したら、
一歩前進できるじゃないですか。みんな欠点や課題があったら
自分は駄目だと思うけど、そうじゃない。

欠点や課題があることに落ち込んでしまいがちですが、そうじゃないんですね。

また前進・成長できるから欠点や課題があっていいんですね!

厳しくもあり、愛のある井村コーチの言葉は、心に響きます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ファイテン(@phiten_official)がシェアした投稿

アーティスティックスイミングのメイクについて

アーティスティックスイミングは、メイクも重要です。

発色・・・審査員から離れた場所でも映えるように、水中でも鮮やかでクリアな発色を意識する。

耐久性・・・水中で激しく動いてもメイクが落ちないようにすること。

デザイン・・・メイクを水着の色と合わせたり、楽曲を聴いて、「和テイスト」「女性らしい」「力強い」などのイメージからデザインを考えたり、その都度メイクのデザインを変えている。

選手たちがメイクの講習を受けた際、井村コーチも選手に熱い指導をする場面がありました。

選手は自分で本番前に20分程度でメイクをしなければならないので、学ぶ姿も真剣そのもの。

井村コーチは、動画の中でこう話していました。

「良いものに向かって妥協したらダメ。

”こだわりなさい”ということを教えたい。」

演技の技術はもちろんのこと、メイクにもこだわることが大切なんですね。

 

アーティスティックスイミングのヘアセットの秘密は?

アーティスティックスイミングでは、水の中で選手が演技で激しく動いても、

髪の毛が乱れていません!

その理由は、

なんと、、、

 

ゼラチンで固めているから!!

 

衝撃の事実ですね。

ゼリーなどの食品に使用されているゼラチンは40度以上で溶けます。

ゼラチンをぬるま湯に溶かして髪をスタイリングするときに塗り、

かたまるまで5~10分待ちます。

固まれば激しい動きでも髪がほどけることはないようですよ!

水中で乱れると、演技に集中できなくなりますし、見た目にも影響しますもんね。

選手は美しいメイクとヘアセットにも気を遣い、とても大事にしているようです。

まとめ

井村雅代さんは、世界も認めるアーティステックスイミングのコーチである。

数多くのオリンピック選手を育成して、メダルの獲得に貢献しています。

演技の技にもメイクにも”こだわりなさい”と熱く指導する井村コーチ。

そんな井村コーチが指導する、

東京オリンピックでの日本代表選手の美しい演技・メイクは大注目ですね!!

これからのますますのご活躍を祈っております。

アーティスティックスイミング日本代表のチームメンバーは、

乾友紀子選手吉田萌選手福村寿華選手安永真白選手

塚本真由選手京極おきな選手木島萌香選手柳澤明希選手

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポーツ
スポンサーリンク
ayakoroをフォローする
ほっと花咲くブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました