スポンサーリンク

『ラーヤと龍の王国』主題歌を歌うのは?ジェネイアイコのプロフィールは?

コスモス ディズニー
スポンサーリンク

ディズニー映画といえば、主題歌も大注目です。

迫力があり、メッセージ性の強い歌も多く、たくさんの人々に愛されていますね。

映画『アナと雪の女王』の日本版は、

声優を務めた松たか子さんが「ありのままに」、

神田沙也加さんが「生まれてはじめて」を歌われていました。

『アナと雪の女王2』では、中元みずきさんが日本版の主題歌を歌われていましたね。

では、『ラーヤと龍の王国』の日本版は、一体誰が歌っているのでしょうか。

気になったので、詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

ラーヤと龍の王国の主題歌を歌っているのは誰?

『ラーヤと龍の王国』の主題歌を歌っているのは、

Jhene Aiko(ジェネイ・アイコ)さんです。

主題歌の曲名は、Lead the Way

綺麗な歌声で、聴いててとても心地よいです。

私もこの曲がすごく気に入って、大好きです!!

映画を観る前の方も、観た後の方もみなさん楽しめると思います。

映像も神秘的で綺麗ですし、歌詞もまたいいんですよね~!

 

(和訳)

共に世界をつくるのか 壊すのか

争うのか 手を取り合うのか

愛の橋をかけ 信じ合おう

よりよい世界になるように

 

歌詞メインならこちらをどうぞ。↓

Jhene Aiko(ジェネイ・アイコ)さんのプロフィール

そんな癒しボイスのジェネイ・アイコさんってどんな人なのでしょうか。

ジェネイ・アイコさんは、1988年3月16日、ロサンゼルスで生まれる。

本名は、Jhené Aiko Efuru Chilombo

LAの女性R&Bシンガーです。

”アイコ”の名前の通り、日本人の血を引いています。

母親がスペイン系、ドミニカ系、日系で、

父親はネイティブアメリカン、アフリカ系アメリカ人、ドイツ系ユダヤ系。

5人兄弟の末っ子で、お姉さんは、Mila J(ミラ・ジェイ)という名のR&Bシンガーです。

子供の頃から音楽活動を始めていました。

20歳で妊娠し、娘(ナミコ)が一人いる。シングルマザー。

 

これまでリリースした3枚のアルバムは、(コラボ作を含む)

全て全米トップ5入りを果たしています。

そんな彼女はサードアルバムを2020年3月6日に『Chilombo』を発売。

全米R&Bアルバム・チャートで1位、全米総合アルバム・チャートで2位を獲得し、

現在までに全世界で15億回以上のストリーミング再生を記録しています。

2020年7月17日には、デラックス版『Chilombo』が配信されました。

アルバムのタイトル『Chilombo』は、

彼女のフルネームがJhene Aiko Efuru Chilomboから名付けられているそうですよ。

まとめ

『ラーヤと龍の王国』の主題歌の歌手は、

日本の血を引くR&BシンガーJhene Aiko (ジェネイ・アイコ)さん。

繊細で美しい歌声は、癒しと元気を与えてくれます。

いろんな曲を聴いているうちに、すっかりファンになってしまいました!

これからもジェネイ・アイコさんの活躍を祈り、応援しています。

最後までお読みくださり&聴いてくださり、ありがとうございました!

 

ディズニー映画・ドラマ・アニメ音楽
スポンサーリンク
花咲あやこをフォローする
ほっと花咲くブログ

コメント

  1. 辻本 より:

    シスー役の高乃麗さんにつきまして、ご本人のラジオ内で一部配慮に欠けた発言があり、その発言に対して不適切とのご意見がありました為、弊社より要請の上、シスー役を降板いただくこととなりました。

    後任は、齋藤彩夏さんにご担当いただくこととなりました。

タイトルとURLをコピーしました