スポンサーリンク

美馬学選手の子供は右手首欠損症?美馬夫婦が救われた本とは?

こども 話題の有名人
スポンサーリンク

ロッテのプロ野球選手・美馬学さんと奥様のアンナさんの二人の間に、

2019年10月11日、二人の間に男の子が生まれました。

しかし、生まれてから気づいたのですが、

息子は右手首から下がなく、右手首の欠損症という形成不全だったのです。

右手がないなんて、想像もできなかったとアンナさんは語ります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

美馬アンナ(@mima_79_anna)がシェアした投稿

息子の愛称は、”ミニっち”

アンナさんは美馬学さんと出会った日から『美馬っち』と呼んでいたことから、二人のこどもは『ミニっち』になったようです。

ミニっち、可愛いですね!そしてたくましい。

 

スポンサーリンク

美馬夫婦を救った一冊の本とは?

アンナさんは、不安でいっぱいだった時、院長先生に一冊の本を紹介してもらいました。

「院長先生に言われたんです。『心配していることは分かってるよ。野球でしょ?』って。その時、スッと差し出してくださったのが『奇跡の隻腕ジム・アボット物語』という本だったんです」  ジム・アボット氏は1990年代のメジャーリーグで活躍したピッチャーでした。アマチュア時代にはソウル五輪に出場し、金メダルを獲得。メジャーでも263試合に投げて87勝を記録し、1993年にはノーヒットノーランまで達成した名投手です。ただ、彼はミニっちと同じく、先天性欠損症のため右手首から先がありませんでした。それでも、巧みにグラブを持ち替えて、左手のみで投球、捕球、送球をこなし、健常者も届かない功績を残した伝説の人です。

引用:Yahooニュース

美馬夫婦を救った本は、『奇跡の隻腕ジム・アボット物語』という本だったんですね。

ジム・アボット氏も右手首から下がなかったのにもかかわらず、野球のメジャーリーグで投手として活躍されたというから驚きです。

右手がなくても、ボールだって投げれるし、野球だって出来る。ものすごい努力があったと思いますが、メジャーで活躍することも可能なんですね!

ほんと、希望になります。

普段私たちは当たり前と思っているけど、手があることも当り前じゃないんですね。

大切なことを思い出させてくれました。

 

美馬アンナさんのインスタ

 

この投稿をInstagramで見る

 

美馬アンナ(@mima_79_anna)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

美馬アンナ(@mima_79_anna)がシェアした投稿

まとめ

美馬学選手と妻アンナさんの息子・ミニっちは、生まれたときから右手がありません。

右手首欠損症という形成不全です。

美馬夫婦を救った本は、『奇跡の隻腕ジム・アボット物語』。

右手の手首から下がなくても、出来ることがあるし、チャレンジしてる姿に勇気をもらいます。

なにより、美馬夫婦も明るく手前向きで、いろんなことを乗り越えてこられた顔をされていて素敵です。

ミニっちの存在は、多くの人の心に希望の光を灯すことでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

話題の有名人
スポンサーリンク
花咲あやこをフォローする
ほっと花咲くブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました